転職前に押さえておきたい5つの情報

まずは、医療機関の評判や経営状態をチェック!

医師が転職を成功させるためには、事前に押さえておきたいポイントが5つあります。
まず1つ目が、転職を考えている医療機関の評判と経営状態です。どんなに大きな病院であっても、何かしらの問題を抱えている可能性も考えられます。このため経営状態の良し悪しや、実際に努めている方々の評価なども、事前に確認しておきましょう。
続いて2つ目のチェックポイントが、病院長の方針です。その病院がどのような方向性で医療を提供しているのか、将来的にどうなっていくのかも予め調べておきたいですね。
そして3つ目の押さえておきたい項目が、職場の人間関係です。院内で働く人達のコミュニケーションが活発にとれているか、また派閥の有無も可能な限りチェックしておきましょう。

給料や福利厚生など、細かい条件も要確認です!

これは当然のことかもしれませんが、医師が転職する時は待遇面のチェックも欠かせません。
そこで4つ目に見ておきたいのが、給料の内訳についてです。基本給はいくらなのか、月給制と年俸制のどちらなのか、残業代は100%支給されるのかなど、チェックしておきたいポイントはたくさんあります。どれだけ基本給が高くても、ボーナスが無ければ年収は大きく下がります。このためボーナスが何ヶ月分支給されるのかも、予め確認しておきましょう。
そして5つ目の押さえておきたいポイントが、福利厚生の内容です。福利厚生とは、そもそも給料にプラスして支給される非金銭報酬を意味しています。どのような福利厚生があるのかも、事前にチェックしておきましょう。

© Copyright Doctors Bite. All Rights Reserved.